RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
合挙
 ひとりで目立つ事などより、最も困難なのはチームプレイに身を置いて「己」の所在を理解することではなかろうか。結局、たとえ「自分ひとりで頑張っているんだ」と思っていても所詮は大きな人の波の歯車の中にあるということなのだと痛感する。

私は、そのチームプレイの「所在」を理解している人間を心から尊敬します。とんがった奴もいるだろう、不条理もあるだろうし、まして思い通りにいかない事ばかりが多々存在するのが「人生」だし・・・そんな中で自らのチカラを引き出せる人って素晴らしい!だからこその信頼が、賛辞が仲間から贈られるのだから。

読売巨人軍、木村拓也選手(現コーチ)へ心から哀悼の意と、そして安らかに眠れることを祈らせて頂きたいと思います。

私はプロ野球が大好きです。「プロ」という名の下に於いてこその彼の存在は、「野球FAN」の心の奥底にずっと生き続けることでしょう。
author:Hitoshi Minowa, category:-, 00:43
comments(2), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 00:43
-, -, pookmark
Comment
毎日気になってはいましたが、残念でした。敵ながら彼のプレーは好きでした。同い年なんですよね。
比較的若い人に多い病気だそうです。気をつけたいと思います。
ゆうちゃん2号, 2010/04/08 9:10 AM
去年まで現役でプレーしてた人が…数ヶ月後に逝くって誰も思っていなかったのに。
ただただ残念でなりません。
冥福を祈りたいと思います
まりっぺ, 2010/04/08 9:31 AM









Trackback
url: http://minohito.jugem.jp/trackback/356