RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
今日、葛西へ行った

東京マラソンという「都」が推しているイヴェントがあった。それはそれで、私の範疇では無いけれど生き甲斐に感じて頑張っている人達がいるワケだから自由にやって下さいと思う。

本日、私は会社の仲間が「ある重大な病」で入院し、そして大きな手術を終えて面会出来るようになったので、社の有志仲間とやっとお見舞いに行けることに相成ったのです。葛西の病院だったので葛西臨海公園駅で集合して病院に向かった。

「彼」は元気だった・・・というか恐ろしいほどの手術、そして術後の試練を経て「達観」したような表情になっていました。もともとクールなクリエーターのイメージがあって良い意味での孤高な感じがしていた人だったのだが・・・なんだろうなあ、生まれ変わろうとしている意志を感じたのです。本当に辛い「時」を過ごしたのだろうと察します。生命に係わる大手術であったのですから。

煙草も止めたい・・・そして本日開催されている「東京マラソン」を目指してみたい。彼は純粋な面立ちでつとつとと語った。幾許かの「辛さ」が彼の胸の内にあったのだろうか。「生」に対峙して立ちあがろうとする同僚の友に鬼気迫る意気を肌で感じたのです。

お見舞いを終えて、仲間を私の車に乗せて東京方面へと走った。有明を通る。高架上では、ビッグサイトへ向けて最終ランナーに近い人達が必死に向かっている姿が見えた。懸命に目標に精進する姿は大好きだし感動する。

東京マラソンに関しては、その純粋な想いよりも「参加するステータス」に重きが置かれてマスコミも煽るし、特に東京内に於いては「セレブ」的な人間の場にも成りつつある。本来ある「マラトン」の伝説こそ想い馳せるべきものでは?と感じてしまいます。

大きな生死に係わる手術を通り越した彼・・・「東京マラソン」を走れるようになりたい!どうか、主催側にはそういった純粋な想いを今後も大事にして「大会」の本意を今一度考えて欲しいと懇願します。
author:Hitoshi Minowa, category:-, 21:47
comments(2), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 21:47
-, -, pookmark
Comment
小学校3年から就職間近まで「葛西」に住んでいたので、記事のタイトルをみてコメントしました。
「大切な人」が1日も早く病気から回復されることを祈ります
まりっぺ, 2010/03/01 5:24 AM
遠いところみなさんありがとうございました。
ここのブログは時々拝見させてもらってました。
そしたらなんと!?あの蓑輪さんが!?俺の応援してくれてる!?
病室で感動しています。
(これで禁煙もマラソンも逃げられなくなりました(^-^;)
健じゃないほう, 2010/03/02 8:57 AM









Trackback
url: http://minohito.jugem.jp/trackback/339