RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
京谷和幸さん
 感動の想いしかない。そして私達の愚行の贖罪とは改めて向き合うべきだと思う。

何時も購読している「TARZAN」という本がある。音楽のコラム的なものがあって、著名な方々が「自らを支えてくれた音」を紹介する場があるのです。

其処に、京谷さんの記述があった・・・読んでいる最中より涙が溢れてしまいました。タイトルが「AMBITIOUS」だったから。何ということなのでしょう。

もし彼への認識が無いのであれば「京谷」という名で調べて頂きたい。どれだけ、神様は人を「試す」のだろうか、試練を課すのであろうか・・・自らの所在を見つめ再度立ちあがった「彼」、幾許の苦労と努力があったのか・・・平平凡凡と生きている私なんぞには語る術もありません。

そんな、彼を支えたのがDOGの音楽だったとは・・・本当に申し訳ない、そして自らを責める!其処までに「一人の人間」の人生の転機を支えて来たとは。彼の想いにあった「音」を私達は汚してしまったのです。いや、彼だけでは無い。如何に沢山の人たちの「想い」を踏みにじったことか・・・

私が言う「贖罪」とは正しく其処なのです。勝手に沢山の「言葉と音の発信」をしておきながら、勝手な都合でバンドを閉じた。閉じることは誰も願っていなかったが「そう」なった。責務は心の奥から対峙して「6人ひとりひとり」が負うべきであると痛感する。

3月でデビューより30年が過ぎることとなる。年月の数字なんぞ、どうでもイイことなんです。記念でも何でも無い、今更。現実というのは、そういった厳しいものであるし「冷静」に己の場を見極めなければいけないと思う。

心より想いを託し、そして応援してくれて「音」を口ずさんでくれた沢山の人達・・・私は本来ならば「葬り去る」べきと自らに託していたものを今一度見直す必要があるのかも知れません。京谷さんの、余りにも純粋なDOGの音楽への気持ちに私は今、いろんな複雑な思いに駆られています。
author:Hitoshi Minowa, category:-, 00:27
comments(15), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 00:27
-, -, pookmark
Comment
自分も人生の半分以上DOGと一緒に進んできました
今でもDOGの曲は生きていますよ?当時の状態でですが。
数年前まで行っていたLIVEの記憶で!
高校時代から通い、友人ができ、全国行脚し、その時でないとできなかった経験がたくさんあります
曲、LIVEももちろんですが、DOGってなんかそんな旅的なところがありましたよね
全部ひっくるめて、みたいな。
こんなFANは多いと思います
今でも感謝してますよ?
JA01AN, 2010/02/28 4:37 AM
久しぶりに書き込ませて頂きます。
蓑輪さんのブログ、ブックマークはしてますが、たまにまとめ読みさせて頂いています(笑)。

「AMBITIOUS」は、ライヴでは初演(だったと記憶)の東京ドームでも目撃しました。


たぶんきまぐれにこの瞬間にブックマークを開かなければその記事を知ることは無かったでしょう。

記事を紹介していただき、ありがとうございます。今日、書店で見てみようと思います。
タカ, 2010/02/28 6:23 AM
蓑輪さん、初めてコメントさせていただきます。

京谷さんのことは以前から存じ上げておりました。その運命の過酷さとともに、言葉で言うほど簡単なことでは無いと思いますが、それを受け入れてさらに乗り越える姿勢にはまさに尊敬の思いです。

かくいう私も昨年「大腿骨頭壊死症」という病気を患い、股関節を人工のモノと入れ替える手術をいたしました。その手術を前に、学生時代の友人たちが私を「励ます会」と称してカラオケパーティーを開いてくれたんです。

みんなしてHOUND DOGの曲のオンパレード。それぞれに思い入れのあるDOGの歌を熱唱しては盛り上がりました。そこで出た言葉が「曲たちには罪は無い」ということでした。

メンバーのみなさんに罪を押しつけるわけではありませんが、残念なことになってしまったのは事実。でもDOGの曲、一曲一曲にはファンが抱く強い「想い」があります。その曲を聴いたり歌ったりすればその「想い」が強烈にフラッシュバックしてくるんです。

今でもみんなDOGの曲に励まされたり勇気をもらったりしている現実がそこにはあるんです!その素晴らし楽曲までも「葬り去って」欲しくはありません。

私もDOGの曲に後押ししてもらいながら、懸命にリハビリに励む毎日です。

蓑輪さん、素敵な曲たちをありがとうございました!
かずきち, 2010/02/28 3:13 PM
京谷さんの記事、そして言葉・・・本当に身に染みて自らを省みて「あまりに情けない、申し訳ない」と思ったのです。沢山の人達の想いに支えられて来た筈なのに、お世話になって来た筈なのに・・・返すのは「これからだ」と思った時にバンドは無くなった。一生懸命に「それぞれの想いに残った音」を少しでも汚さないように頑張ります!
私です, 2010/02/28 9:32 PM
許す事が…人生一番の楽しみにつながるのかも…

楽しく生きる為にも、必要なのかも!

………結局、人を喜ばせる為に生まれて来てるんだよね…

俺!, 2010/02/28 9:45 PM
すべては大友の我儘のせい
, 2010/03/01 1:34 AM
AMBITIOUS。僕とHOUNDDOGを出会わせてくれた曲。ffとかは後で知りました。がむしゃらにこぶしを振り上げて夢みていたあの頃。蓑輪さんに憧れていたあの頃。AMBITIOUS。昨日も聴きました。今日も明日も聴くかも知れないしずーっと聴いていくし、歌っていくでしょう。僕にとってあの歌は永遠ですから。音楽ってマジックですね。数分間で元気にさせたり人生変えたりできるんですから。
ゆうちゃん2号, 2010/03/01 7:13 AM
先日、iPhoneを手に入れまして。
とり急ぎLOVEからOMEGAまでをパソコンから転送して聞いています。

おかげさまで僕も細々とアマチュアバンド活動を続けているので、当時気付けなかったことがいろいろ発見できたり。

「Road Runnerって、ささやくような歌い方してたんだ」とか
「BRIDGEのアルバムはやっぱりメンバー以外の演奏の音がしている」とか
「当時はこういうエフェクトが流行りだったんだろうなぁ」とか。

あるバンドがなくなっても、音楽ビジネスの世界ではすぐに代わりのバンドが出てきますが、僕のキモチはそういうものじゃないなぁ。


見直す、というか、見続けることで、どんどん発見して成長していく、バイブルのようなものかもしれません。
しん, 2010/03/01 10:40 AM
TARZANの記事読みました。
探されている方のために書かせて頂きますと、最新号ではなく1つ前の2/10に発売されたNo.551です。

うーん、また聴きたくなってきました。

西武球場だったかな〜、開場前で、漏れ聞こえてくるリハの音。蓑輪さんが弾く、「AMBTIOUS」のイントロ、1コーラスの終わりの方の間の手フレーズ♪テ〜ッテテケテ〜↑みたいなメロディーのシンセの音に気持ちが高ぶったこととか記憶によみがえってきました。

いろんな人の心に残る名曲、名フレーズを生んだ蓑輪さん。ライヴなどで数々の修羅場をくぐり抜けてきたであろう蓑輪さん。
たった一度だけ間近に接したこともありました。別に会話らしい会話はしていないのですが、職人といったたたずまいに感じました。
すごい曲を作った人なのに、このブログからうかがえる謙虚さ、穏やかなたたずまい、温かさ……、改めて敬服します。
いつかなんらかの御縁があったなら、チビチビやりながら語り合えたらいいなあ、って思います。

ずっと聴いてなくて、新しい好きな音楽を見つけたりハマったりしてますが……うん……またドッグのCDを引っ張りだしましょう。
何のタイミングか、ドッグが縁で知り合った人たち、今はあちこちに散っている人たちと、久々に集うんですよ。そういうこともあるし。

感覚に焼き付いた歌、聞き込みすぎて知ってるつもりの歌でも、名前を出してすみませんが、しんさんが書かれていらっしゃるように、新たな発見があるかもしれません。

蓑輪さんも日々のお仕事、体調に気をつけて頑張って下さい。いや、「下さい」じゃなくて………何かの縁でここを見ている自分も皆さんもともに頑張りましょうね。なんてエラそうですみませんがそんな気分です。

長々と失礼いたしました。
タカ, 2010/03/01 2:45 PM
♪AMBITIOUSは、DOGの曲の中で一番好きな私の心の応援歌です!この曲が発売当時から今まで、何度も何度も聞いては元気や勇気をたくさんもらい、歩いてこれました。
DOGの歌の力はすごいなとつくづく思います。この曲に救われた人って全国にたくさんいると思いますよ。
これからもずっと大切に聞いて行きたい1曲です。今でもライブでの蓑輪さんのこの曲のイントロが忘れられません。毎回 鳥肌が立っていましたね。
(^O^)/♪
JUN♪, 2010/03/01 3:36 PM
続けて投稿 失礼します…(^-^;)

昨夜の音楽番組
「HEY×3」で92年3月の今も聞きたい名曲のランキング(視聴者の投票で決まる)で
6位にDOGの「BRIDGE」が入っていていましたよ☆本当に嬉しくなりました!今でも、支持され続けている名曲の証拠ですよね。私も大好きな心に残る1曲。これからも大切に聞いていきたいとつくづく思いました(^-^)V

ちなみに私も投票しました♪(^-^)V

JUN♪, 2010/03/02 4:46 PM
解散したことは残念です。しかし、それが事実だし、蓑輪さんは『生かされる人』だと思います。日本のバンドでこのバンドしかいないと思ったのがハウンドドックです。それはこれからも私の胸には変わらないことです。解散は、また新しく開花してお互いに出会うためのさよならだと思います。そして、、今を大切にしてくださいね。
MY, 2010/03/03 10:31 PM
京谷さんの記事も偶然見てたテレビ番組でも(事故当時の再現付き)で見てました

凄いですね
びっくりしました
私もDOGの歌とライブで何度も励まされて勇気や希望を貰い生きて来ました

父が子供の頃に脳の病で倒れてその間に母も入院して手術3回それも全て命の危険があると言われて兄は引きこもりになりその後父は10年患って亡くなりました(今は母は元気で兄も就職してます)


その辛く苦しい日々でもメンバー全員に会えるライブに行きまくってました
ライブがある!ってだけで凄く嬉しかったしその時間だけは忘れられた


私は正直に言うとあの事知ってを以来聴けなくなりました
聴いてもわだかまりが出来てしまって…
携帯サイトで何があったのかを調べて真実を知りこのサイトを見つけました
あの事以来苦しんでいる蓑輪さんはむしろ被害者の方ですよ


私と同じような境遇の人達何人もおられるかも知れませんけど…辛い思いした人は他の人達の苦しさを理解出来ると思います


どうか御自分を攻めないで下さい
私も苦しくなってしまいますので…
お願いします



エンジェル, 2010/03/04 12:22 AM
久し振りに此処へ。 昨夜 ある番組のラストで フォルテシモを唄っていたシンガーがいた。いつから 宴会ソングになってしまったのだろうと衝撃を受けた。MINOWAさんの気持ちと一致しました。音楽は変化する事を知りました。 
蜜柑の皮, 2010/03/04 5:34 PM
はじめまして。

皆さんの心の中にそれぞれのHDがしっかりと刻まれていると思います。
それは、その楽曲を作って私たちがすぐ聞けるところに出してくれた方々のおかげです。感謝です。

AMBITIOUSは、私がHDからいや音楽から離れてがむしゃらに走り続けていた頃に世の中に出ていました。
また音楽を聞くというサプリを思い出し、つい数ヶ月前に買ったプレミアムベストでAMBITIOUSに出会いました。
仕事で窮地に追い込まれ、生業を変えようとしてていた私の応援曲として、リバースモードで何度も何度も聞いて励まされました。
最近思いがけなく状況が好転し、鼻歌はだから大好きロックンロールに変わりました。

10代の頃擦り切れるぐらいに聞いた初代HDの曲を、今は擦り切れない機械で子供達と聞きながら歌ってます。
私だって、キーボーディストに憧れて友達とお金を貯めて毎回勤労会館へ通った高校生には戻れません。もちろん、そんな機会があれば、出かけてみたいですけど。
HDも、ずっと変化し続けているんだと思っています。

心に残る曲を作って下さったMinowaさんに、感謝しています。
#29, 2010/03/08 3:41 PM









Trackback
url: http://minohito.jugem.jp/trackback/338