RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
「凛」

以前も書いたことあるけれど、JUNGAPOPというバンドは何故か私の人生の転機であったりとか、私が落ち込んで打ちひしがれてどうしようも無い時に、LIVEの日程が奇遇にも訪れる。未だ、不思議で且つ解明しきれない事なんです。

「仲間」そして「友」・・・「家族」、人が生き得ている中で、これ以上のものは存在するのでありましょうか。私は昨晩、至上のひと時を仲間、そして応援して下さる方々と分かち合った。「夢の時間」でありました。

あまりにも人生は沢山の試練が存在する。でも、その中に「決して忘れてはいけないもの」を伝えてくれる人達が居ます。昨晩のLIVEは忘れかけていた・・・というよりも自らが「忘れさせよう」としていた意識が身体の奥底から滲み出てきた。ゾーンに入った空間・・・久しぶりの感覚であった。

一介の会社員として私は今現在「誇り」を持って働いています。自分一人なんぞの為だったら、別に必死こかないで今頃「野たれ死んで」いるだろう。自分でも良く理解出来る。守るもの、私が存在している恩義へのもの・・・「生かされている」こと・・・多分、それがあるから今日も生きたのだろう。

昨晩のLIVE・・・全員が不調和なような中で見事に音として、そして仲間のグルーブとして「凛」としていた。後で弾いていて涙が出て鳥肌が立つ・・・その場にしか存在しない「音」との闘いをお互いに昇華出来得た時しか生まれ得ない「至福」の時が訪れたのです。予定調和の音楽も素晴らしいかも知れないが其処に「胡坐」をかく者が仮にいたとしたら・・・それはオーディエンスに幾許たる虚偽を演じているということになる。避けたいものだ・・・

「凛」・・・キムヨナ選手にそれをまざまざと見させて貰いました。「金」メダルは、その到達に選ばれし者を神が選択するということを・・・・完全で完璧な努力と苦労の上に、さらに鉄壁の現場の「神の力」そして「現場を惹きつける力」が働かねばいけないとうことを・・・

私なんぞ「屁」みたいなものだ。けれど「凛」は感じることが出来た。仲間、心から信頼できる家族、友・・・心底から「人間はひとりではない」と実感出来たら、オリンピックの理念と共に「人」は成長を続けて行くのかも知れませんね。
author:Hitoshi Minowa, category:-, 23:17
comments(2), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 23:17
-, -, pookmark
Comment
1年前からブログ見させて貰ってます
私はHDの凄くファンでライブもいっぱい行きました
昔はHDを通してメンバー全員を見てました


今あのような事になって辛い経験をしても元気で愚痴らず頑張ってる姿に日々頭が下がります


そんな蓑輪さんだから神様はいつも手を差しのべてくれるんですよ
なので偶然では無く必然(必要だから)なんです

辛い思いをしてもこの世は修行の場なので僅かな癒しややすらぎ 喜びを求めて鮫島さんやJUNGAPOPの方々とこれからも頑張って下さい


単ちゃん頑張れ
いつかライブに行きたいです(^o^)


エンジェル, 2010/02/27 11:22 AM
ライブお疲れさまでした!
とても楽しく、かつ5人の奏でる音が素晴らしかったです。
強行突破ででも足を運んで良かったです♪

あのライブを観てしまったら、またすぐ次が観たくなっちゃいますよ〜
ぴのりん, 2010/02/27 11:25 PM









Trackback
url: http://minohito.jugem.jp/trackback/337